受験は子供を成長させる | 難しい医学部受験のために予備校の評判を確認しよう

難しい医学部受験のために予備校の評判を確認しよう

受験は子供を成長させる

子供の将来を充実させる

医者

この長らく続く不景気の中において、「わが子は安定した企業に就職してほしい」という考えの親は多い。小学生の子供にとって、就職活動はまだ遠い将来のように思うかもしれない。しかし、「良い企業に入るためには、良い大学」、「良い大学に入るためには、良い高校、そして中学」と考えると、小学生のときに経験する中学受験は就職活動の前哨戦と言っても過言ではない。逆にいえば、中学受験を経験することで、その後の人生を有利に進めることができる大きなメリットがある。中学受験で志望校合格を勝ち取るためには、良い学習塾選びが重要になってくる。10代になったばかりの子供が経験する中学受験において、志望校合格を勝ち取るためには、親と学習塾とが二人三脚で子供をサポートしていくことが必要となる。小学校6年生の受験直前期には、週に4〜5回は塾に通って、夕食は塾で食べる生活も当たり前になるくらい、塾は切っても切り離せない関係になるためである。

親のサポートも不可欠

中学受験で志望校合格を勝ち取るためには、子供がいかにして自発的に学習する習慣をもてるかどうかがポイントとなる。先に述べように子供は週にかなりの頻度で塾に通うことになる。そのため、親は子供の学習を塾にまかせっきりになりがちだが、それだけでは子供の学力は伸びない。塾はあくまで知識をインプットする場であって、テストのようにアウトプットの練習をする場が必要なためである。まず、子供が自発的に学習するために塾がすることは、子供が家で何を学習・復習するかどうかの道しるべを示してあげることである。教えっぱなしでは実力がついたとは言い切れないためである。親は、子供が何を学習しているのかを理解して、子供がわからなくなったときに手助けをしてあげることである。このように二人三脚でできる体制を構築できるような塾選びをすることが親にとっては必要となる。